《モビット》即日融資の審査に受かる7つの条件|評判・口コミ

モビットの申込と保証人の必要性

2015年09月16日 19時20分

モビットは、三井住友銀行グループの貸金業者です。

銀行ではありませんので、貸金業法の法律に則った営業を行います。銀行が不得意分野であった無担保保証人不要の個人向け小口融資の分野を扱っています。満20歳以上65歳以下の年齢で安定収入があれば、正社員、アルバイト、派遣社員、パート、自営業者を問わず、申し込むことが可能です。

申込や利用に関して利便性も高く、貸付限度額も高額に設定されているところが、人気の要因です。必要書類も少なく、審査自体はウェブで終わらせることができるので、忙しい人にとっても大変気軽です。貸金業者の厳守すべき総量規制に縛られますので、年収の3分の1を超えた貸し付けを行うことはできません。

その範囲内であれば、貸付枠の拡大などにも、スピーディーにかつ柔軟に対応すると言われています。ただし、すでに2社3社と他社利用をしている人に対しての審査は、中小の貸金業者に比べ、厳しめの印象です。
 

モビットで保証人が求められることは


モビットは個人向け融資に長じている貸金業者です。基本的に単独での契約になります。

単独での契約では回収リスクが大きすぎるといった属性もターゲットにするか否かは、その貸金業者の営業方針によるところのものになります。実際に保証人をつけて貸し付けを行うと、借主が債務事故を起こした時に、保証人に対して請求を起こすことになります。

これは債務者にとっても手間ですし、往々にして揉めるものです。果たしてそこまでしてその属性をターゲットにすべきなのかと言うところは大変悩ましく、モビットは単独で契約できない属性の申込者とは契約しないといった方向で審査を行っています。

その審査ラインでの回収リスクであれば、モビットの営業を妨げるほどの問題は起こらないと判断していると考えられます。中小の貸金業者では、保証を他者に負わせることで、ある程度の回収リスクを回避する方針の業者もありますが、大手の場合には、単独契約だけをターゲットにしているのがほとんどです。