《モビット》即日融資の審査に受かる7つの条件|評判・口コミ

モビットの無人契約機での審査について解説します

2015年09月16日 19時20分

無人契約機といえば、アコムの「むじんくん」などが有名ですが、実はモビットにも無人契約機が全国各所に設置されています。

無人機の特徴は、個室での契約であるため、プライバシーが守られることや、スタッフと対面しての契約でないため、精神的な負担がかからず気軽にお金が借りられることなどがあります。そして、無人機のもう1つの特徴として、その場でカードが発行されることがあります。

モビットでは、契約書類などが郵送で送られてくることはありませんが、カードについては郵送で受け取らなければなりません。しかし、無人機までカードを取りに行くことで、カードが家に郵送で送られてくることはなくなり、以後延滞などをしなければ、基本的には自宅に郵便物が届くことはありません。

なので、家族にバレたくない人は、無人機でカードを受け取ることにはメリットがあります。もちろん、すぐにカードが欲しいという人にも、メリットはあります。カードがあれば、365日24時間いつでもATMでお金が引き出せるので、土日祝日にお金を借りたいが銀行振込みでは間に合わないという人にもお勧めです。
 

モビットの審査で気をつけることは?

モビットの審査は、アルバイトでも一定の収入があれば申込みが可能で、だれでもスピード審査ですぐにお金が借りられることが特徴ですが、総量規制には気をつけなくてはなりません。

モビットは消費者金融なので、総量規制の制限を受けます。総量規制とは、年収の3分の1を超える融資を受けられないという規制で、消費者金融での借入のほか、クレジットカードのキャッシング枠も対象内になります。そのため、例えば年収が300万の人は、貸金業者では100万円までしか融資を受けられないので、消費者金融で50万円、クレジットカードのキャッシング枠が30万円ある人は、残り20万円までしか借りられなくなります。

利用していないカードローンやクレジットカードのキャッシング枠も限度額まで借りているものとして計算されますので、利用していないクレジットカードがたくさんある人などは、総量規制にひっかかって借りられなくなったり限度額が低くなったりするので、解約してから申込みをすることが推奨されます。

銀行は総量規制の対象外ですので、銀行カードローンを所有していることは影響しません。